【為替変動なし×四半期分配】中央銀行認可マイクロファイナンス#2 閲覧回数7225回

為替変動なし×四半期分配のファンドに1万円から投資

募集状況

達成状況
100%
募集終了
現在の申込金額
(61件)
¥57,500,000

あと ¥0

募集総額 ¥57,500,000

商品募集条件

  • 保証付
募集総額 ¥57,500,000
目標利回り(年利) 6.35
最低申込金額 1万円以上
追加申込単位 1万円
最低成立金額:目標募集額 575万円
以上の投資申込で成立
貸付期間・返済方法 ※案件詳細をご確認ください

※商品が満額になるまでキャンセルは可能ですが、満額成立後はキャンセルできません。

※上記表に記載の目標利回りは、現時点での目標・想定利回り(税控除前)であり、将来の運用成果を保証するものでは有りません。

  • 募集期間2日
  • 運用期間33ヶ月
  • 募集開始

    2022-03-14

    12:00

  • 募集終了

    2022-03-15

    15:00

  • 運用開始

    2022-03-18

  • 運用終了

    2024-12-02

※募集期間は、募集金額が100%集まった時点で早期終了します。
※運用期間は小数点第一位を切り捨て表示しています。

このファンドのポイント

このファンドについて

このファンドは、SAMURAI ASSET FINANCE株式会社(以下、「営業者」といいます。)がカンボジアの金融機関 Golden Cash Microfinance Institution Plc(以下、「Golden Cash」といいます。)に対して貸し付けする貸付型クラウドファンディングとなります。
なお、この営業者からGolden Cashに対する貸付にはGolden Cashの株主6名による保証が付いております。

このファンドのポイント

ポイント① 中央銀行の認可を受けた金融機関 急速に拡大しているMFI

Golden Cashはカンボジアで個人事業主向けや中小企業向けの事業ローン、個人向けのバイクローンや自動車ローンなどの貸付を行うマイクロファイナンス機関(以下、「MFI」といいます。)です。

MFIとは貧困層向け小規模金融サービスの総称であり、金融インフラが脆弱な発展途上国を中心に急速に産業として拡大しました。
大手企業では、2019年に大和証券がミャンマーでマイクロファイナンス事業への進出を表明し、2020年には第一生命保険がMFIへの融資を発表しています。
近年、他のクラウドファンディング業者でもMFIへの貸付案件は増えており、その中でも今回の貸付先であるGolden Cashは認可を受けるためのハードルが高い、カンボジア中央銀行の認可を得ています。

Golden Cashの公式ページには年次報告書が毎年アップデートされており、収支の状況を把握することができます。世界第7位のグローバル監査法人Grant Thornton International Ltd.による監査も行われており、投資先として一定の信頼性があります。
さらに、Golden Cashの経営陣は金融機関出身者を中心に業界経験が豊富であり、貸付業務及び銀行業務を20年以上経験している取締役会長を筆頭に、最高経営責任者やシニアマネージャーらも長年の業界経験者であるほか、多数のスペシャリストが経営陣に名を連ねており布陣は盤石となります。

特別レポート「マイクロファイナンスとは ~ノーベル平和賞を受賞した成功事例~」

このファンドの理解を深めるために特別レポート「マイクロファイナンスとは ~ノーベル平和賞を受賞した成功事例~」を公開しております。
ぜひ下記バナーをクリックいただき、記事をご覧ください。

ポイント② 堅実な経営によりコロナ禍でも低いデフォルト率 認可取得から連続黒字経営

貸付事業では貸し倒れリスクが想定されますが、Golden Cashは厳格な審査によって債務者を選定しているほか、業種を多数分散させることで景気や経済環境の変化から受けるリスクを低減しています。そのため、コロナ禍による景気の悪化の影響下であっても、債務者のデフォルトが非常に少なく、認可取得から連続黒字となっております。

また、この営業者からGolden Cashに対する貸付にはGolden Cashの株主6名による保証が付いております。取締役会長を含む株主はカンボジアの実業家であり、これまで主に自己資金を活用してGolden Cashを拡大させてきました。借り入れに対する返済に株主6名が保証を付けることから、株主の本気度が伺え、今回の資金調達によりさらなる事業拡大が期待できます。

【参考資料】
Golden Cash Microfinance Institution Plc「Annual Report 2020」より
(http://gcmfi.com.kh/public/upload/annuals/GCM_Annual%20Report%202020_ENG.pdf)

ポイント③ カンボジアの流通通貨は米ドル 現地通貨による不安定さはなし

カンボジアには「リエル」という法定通貨がありますが、国内で実際に流通しているのは米ドルです。一般的な店舗でも値段表記は米ドルで表示されており、投資においても米ドルという信用性の高い通貨が用いられています。

Golden Cashも貸付事業を主に米ドルで行っており、カンボジアの高い経済成長力を享受しながら事業を拡大させています。

貸付型ファンドを通じて、日本国内の一般投資家にもアクセスすることが難しいような海外の投資会社にアクセスすることが可能となり、営業者の為替ヘッジによって為替変動リスクを負うことはございません。 

特別レポート「公的データから見るカンボジア投資の魅力」

このファンドの理解を深めるために特別レポート「公的データから見るカンボジア投資の魅力」を公開しております。
ぜひ下記バナーをクリックいただき、記事をご覧ください。

  • 案件概要
  • 案件詳細
概要

本匿名組合は、商法第 535 条に規定される匿名組合と呼ばれる契約形態により組成されております。
匿名組合契約とは、出資者(匿名組合員)が営業者の事業のために出資し、営業者がその事業より生ずる利益を出資者に分配することを約束する契約形態です。

■本匿名組合の概要

本匿名組合は、営業者が実施した、Golden Cashへの貸付事業から生ずる収益を出資者に分配するものです。
本匿名組合では営業者が、Golden Cashに対してUSD$1,000,000の貸付(以下、「本件貸付」といいます。)を実行しております。
今回は本件貸付に係る資金としてUSD$500,000に相当する5,750万円を募集いたします。

■本件貸付の資金使途及び返済計画

このファンドの資金使途は、本匿名組合の組成に先立ち当社のグループ会社である合同会社Y FUNDが出資している匿名組合(以下、「先行ファンド」といいます。)を解散するため、本匿名組合の出資金を原資として、先行ファンドの償還金に充当されます。
本件貸付にかかる営業者とGolden Cashの貸付期間は2021年12月1日から2024年12月2日となっており、Golden Cashが貸付けた債務者からの返済金及びGolden Cashの自己資金が本件貸付の返済原資を予定しております。分配予定表は下記となります。

このファンドに100万円投資した場合の分配予定表は下記となります。

※上記数値は目標利回り(年利)から計算した参考数値となり、実際は異なる可能性がございます。また、源泉税については2022年3月10日現在のもので将来変更される可能性がございます。

スキーム図

▼【投資家限定情報について】

※投資家限定情報を確認するにはこちらよりログインしてください。